マジで語彙力すげえアップ

「あ~なんて言うんだっけアレ」と言葉が出てこないことありますよね。「知ってるつもりだけど意外と使いこなせない」というワードも。『明日からすぐ使えるようになる!』をテーマに、コトバをわかりやすく紹介します。

『絵アド(えあど)・イラストアド』とは

『絵のアドバンテージ』、『イラストアドバンテージ』の略。

「絵アドがある」「絵アドが高い」と言うと、
絵が優れている、絵のクオリティが高いという意味になります。


ソシャゲやカードゲーム界隈でよく聞く言葉ですね。


「あんスタのカード絵は総じてイラストアドが高いのに、今回のイベント限定カードはさらに輪をかけてクオリティが上がっている。」


どこからが「絵アドが高い絵だ」と言っていいのか?

これは正直、感覚です……。

パッと見て「うお!メチャメチャ美しい!」と思ったり、
じっくり見て「は~~隅から隅まで美しい」言ってしまうような絵。


最近のソシャゲはみんな絵のクオリティが素晴らしいので、「絵アドすげえ!」と言いたいものだらけですよね。


ちなみにたいていのゲームが、レア度によってクオリティを調整しています。

レア度の高いものは豪華でぶっとんだ絵アドに、
そしてレア度の低いカード絵は、あえて描き込みを少なくし、クオリティを落としています。


「今イベの逢坂くん、★3なのに★4の覚醒後ばりに絵アド高い!」


カード絵の例(『ボーイフレンド(仮)』より)

比較的、絵アドの低いカード絵(レアリティ:N)

絵アド・イラストアドの低いカード絵の例。ボーイフレンド(仮)より、鷹司正臣のノーマルカード

(ノーマルでもじゅうぶん綺麗ですが……)

比較的、絵アドの高いカード絵(レアリティ:SSR

絵アド・イラストアドの高いカード絵の例。ボーイフレンド(仮)より、鷹司正臣のスーパーレアカード

(構図もこだわっているし、空気感まで描かれていますね!)

広告を非表示にする